タナゴの棲むわたしたちのふるさとを未来へ-東海タナゴ研究会では、タナゴを中心とした身近な水環境の保全活動とその前提となる調査研究活動を中心にふるさと活動を行っています。現在、身近な自然に関心のある学生や若い研究者が参加しています。 タナゴの棲むため池を保全する 池干し は、
ふるさと活動 として注目されています。

お知らせ

イベント情報

12月1日に南濃町 庭田で「里川体験教室」を開催します

 

里川(さとがわ)の暮らしから、持続可能な地域について楽しく学ぼう!
東海タナゴ研究会と、東海タナゴ研究会のメンバーが作った会社「サトガワキカク」が、岐阜県の里川で生物多様性保全農園「タナゴの里」を開園する準備をしています。

12月のイベント
①冬の水辺の生きものを採ってみよう!
②里の恵みを使ってクリスマスリースを作ろう!
③とれたて野菜で作った味噌汁を味見しよう!
ぜひご参加ください。※参加無料

■ 日 時:2013年12月1日(日)午前11時~午後12時半
■ 場 所:岐阜県海津市南濃町庭田 生物多様性保全農園「タナゴの里」(画像地図参照)
■ 講 師:竹中孝道さん,進東健太郎・こざわちはる(東海タナゴ研究会)
■ 持ち物:よごれてもいい服そう(長そで,長ズボン,ズックなど),飲みもの,帽子,軍手,スコップ,バケツ(あれば)
■ お問い合わせ:090-5624-4759 (牧野暁世)
※お子さんは保護者付き添いでお願いします

東海タナゴ研究会,サトガワキカク,下池地域農地・水・環境保全管理組合 共催
東海タナゴ研究会は、里地生態系保全支援事業「清流の国ぎふ森林環境税」を活用して生物多様性保全を進めています

● 里川体験教室がなごや環境大学の連携講座に登録されました ●
まちじゅうがキャンパス」を合言葉に市民・市民団体,企業,学校・大学,行政が協働で実施している, 環境活動のネットワーク「なごや環境大学」に,東海タナゴ研究会とサトガワキカクが開催する里川体験教室が連携講座として登録されました.

2月23日(日)ビオトープで池干し&生態系保全シンポジウム開催

下池ビオトープで池干し体験をしよう  下池地域の生態系保全シンポジウム

午前11時~12時 下池ビオトープで池干し体験

下池ビオトープで池干し体験をしよう!

里川の生きものを守るための「池干し」をみんなで体験してみよう!

■ 日 時:2014年2月23日(日)午前11時~12時
■ 場 所:岐阜県海津市南濃町志津字下池1工区ビオトープ
      (チラシ地図参照)
■ 講 師:北島淳也(東海タナゴ研究会・名古屋大学)
■ 持ち物:よごれてもいい服そう(長そで,長ズボン,ズックなど)
※ お子さんは保護者付き添いでお願いします
★ お問い合わせ:090-5624-4759(牧野暁世)
※ 参加無料。ぜひご参加ください

下池西部まちづくり協議会,下池地域農地・水・環境保全管理組合,東海タナゴ研究会,西濃農林事務所 共催

イベントチラシ

東海タナゴ研究会は里地生態系保全支援事業「清流の国ぎふ森林環境税」を活用して生物多様性保全を進めています

トピックス

ニュースマガジン「にぎやかな水辺」第4号発行

にぎやかな水辺第2号

全国ブラックバス防除市民ネットワーク(ノーバスネット)より, ニュースマガジン「にぎやかな水辺」第4号が発行されました!
東海タナゴ研究会はメンバーの専門を活かして編集作業(企画,取材,表紙絵,イラスト,装丁,発送など)に携わらせていただいています.
「にぎやかな水辺」は年に4回程度発行予定.
こちらからダウンロードできます.
ご一読いただけますと幸いです. 今後ともよろしくお願いいたします!


詳しくはこちら


今後の予定

参加をご希望の方は toukaitanago☆gmail.com までご連絡ください。詳細をご案内いたします。

2月23日(日)午前11時~12時
南濃町下池で池干し『ビオトープで池干し体験をしよう!』
ブログ記事
2月23日(日)午後1時~3時
みかげの森「プラザしもたど」でシンポジウム
『下池地域の生態系保全シンポジウム ~ 里川の生きものと地域の未来を考える ~』
更新日:2014/3/9




東海タナゴ研究会キッズページ


キッズページはこちら
タナゴの生態、里川の生物多様性について学ぼう!紙芝居による解説やぬりえもあります。


こざわちはるのレポートまんが "里川レポまん"


イラストレーターのこざわちはるさんが東海タナゴ研究会の活動体験をまんがにしてくれました。 ただいま4作公開中です!

論文

IUCN出版「RSG Book - 2011」に東海タナゴ研究会の活動(2件)が掲載

■イチモンジタナゴ:滋賀県での活動 ■アブラボテ:三重県菰野町での活動




ページトップ
inserted by FC2 system